新・四万十川新聞【日曜版】



2007年 07月 29日 ( 1 )


寅次郎の「四万十川の大休日」  第28巻

    男はつらいよ 第49作 (シナリオ:幡多山正太郎 挿絵:久米真未

■場面(17) 宿毛行き鈍行列車・その2
f0126949_2271878.jpg

 そして寅さんは腕組みし、自問自答する。一体自分は何のために生きてきたというのだろうか。

 初めて真近かに見た悠久の大河四万十川に比べれば、自分の存在は一体何だろう。濁流の中で雄々しく踏みとどまる沈下橋などでは決してない。ひっそりと岸辺に佇む柳の木でもない。まして上流へ上流へとたくましく遡上する鮎でもない。水底に無造作に転がっている石ころの一つだろうか。いやいやそんなに重い存在でさえない。

 一番ふさわしく思えるのは流れに浮かんでは瞬間に消える小さな小さな泡沫(うたかた)ではないのか・・・

f0126949_2274078.jpg

 (ここで、真智子が屋形船に乗る前に、川岸の水面を白魚のごとき指先でかき混ぜた時、ふっと泡が光って見えた景色が蘇った。)

 そして次なる思いは・・・その泡沫はポワンと割れたとき、大河の流れに溶けるのだろうか、それとも虚空の大気に飛散していくのだろうか・・・であった。

 不思議なことに闇の中に光輝く黄金の泡沫の幻影が現れ、シャボン玉のように次第に浮遊し始めた。列車の車輪のレ-ルの継ぎ目を拾っていた音が次第に遠くなっていく。

 宿毛湾の夕陽が美しい・・・美しすぎて、やけに哀しい。
f0126949_226591.jpg

【写真】うたかた(小谷貞広第5歌集)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[台詞]

 なし
f0126949_228414.jpg

【写真】四万十川とSL(予土線)

****************************
[広告]

◆ブログ・ワールド   <7月23日ー7月29日>

■四万十川通信

 ◇寅次郎の「四万十川の大休日」第11巻
 ◇土佐紀行 (吉野川編)
 ◇特集:限界集落(大野晃氏)
 ◇公開:まんが道場(片岡正法氏)

■四万十川百人一首(四万・十人一首)

 ◇休刊

■四万十川の文化人・小谷貞広(週刊・木曜日配信)

 ◇短歌と俳句(飛行機雲)

■四万十通信(ほぼ週刊・不定期)

 ◇四万十川物語[第13話] 大野晃氏
 ◇『四万十暑中見舞い』(四万十川写真大会)

■バーチャル[こうち自然村](ほぼ週刊・不定期)

 ◇大募集:『四万十暑中見舞い・07』(四万十川写真大会)
 ◇モト地域支援企画員の『漫画で報告!』 第3回

■土佐の森・救援隊(ほぼ週刊・不定期)

 ◇メルマガ:土佐の森・救援隊 (203号) 
 ◇会員だより(小林隊員の「新潟支部便り」) 
 ◇活動の記録(平成18年度)その8

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ポスター】  [第39作]
f0126949_2284764.jpg
 寅次郎  : 渥美 清
 櫻    : 倍賞千恵子
 マドンナ : 秋吉久美子
 ロケ地  : 奈良吉野山、
        三重伊勢志摩

**********

 急死した仲間の子供との旅先で、その子が急病で倒れる。

 子供を扱いなれない寅次郎はうろたえるが、隣室の隆子(秋吉久美子)に助けられ、翌朝は仲睦まじく近くの観光名所などをめぐる三人・・・

○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o

 新・四万十川新聞【日曜版】

  古新聞=『ブログフォーカス(四万十川通信)』

○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o
[PR]
by tora100s | 2007-07-29 22:09 | 新聞小説


新聞小説(寅次郎の「四万十川の大休日」)を連載します。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31