新・四万十川新聞【日曜版】



2007年 04月 22日 ( 1 )


寅次郎の「四万十川の大休日」  第15巻

    男はつらいよ 第49作 (シナリオ:幡多山正太郎 挿絵:久米真未


■場面(9) 旅館での夕食時

 寅さんと老夫婦が食堂で小さな囲炉裏を囲んでいる。他の泊客はなさそう。

 囲炉裏には数本の鮎の塩焼きの串刺しが、炭火であぶられて、いい匂いをさせている。寅さんは風呂上がりのステテコ・腹巻き姿でくつろいで、手長エビのフライや、ゴリの佃煮を肴に一杯やりつつ、宿の亭主[常田富士男]、女将を相手に、談笑している。

 市役所の真智子の勧めたNHKの四万十川ビデオは、既に見終わっている。

 ビデオで紹介されたさまざま漁法に話題が及び、沈下橋を渡って嫁入りをする花嫁談義などがひととおり終わり・・・
f0126949_2013564.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[台詞]

寅「よう、おやじさん。この鮎てのは、前の四万十川で取れたものかい。」
 「そうじゃが、昔から言うたら、随分小そうなったのう。」

寅「昔って、いつ頃だい。」
 「わしがはたち代じゃき、50年ばあ前のことよ。それこそ湧くばあ太い鮎が川じゅうにおってのう、漁師でのうても、女子供でも手づかみで、ほいほい、なんぼでも取れよったものよ。」と、誇張気味に昔を振り返る。

寅「ふふふ、鮎を取りつつ、嫁さん探しも出来たわけだ。で、かみさんも、四万十川で見つけたのかい。」と、酒の勢いで冷やかす風。
 「それよ、妙にけつの格好のえい娘がおると、目をつけてのう。こじゃんと撒き餌をやって、釣り上げたわけよ。」と、亭主。こちらも酒が回り始めたらしく口が軽くなっている。
 「いやちゃ。ふふふ・・・」と、女将。これ以上の、亭主の馴れ初め発言を、照れ笑いしながら封じる風。
f0126949_209825.jpg


 寅さんそれには構わず、

寅「で、釣った魚に餌はやってんのかい。」と、鮎をかじりながらからかう。
 「やりつづけて50年! 見事に太って、このざまよ。」と、かみさんに顎を振る。

寅「そりゃあよう。幸せ太りてやつよ。」と、誠に都合のいいせりふで、かみさんを優しくかばう。
 「ふふふ、寅さんは餌をやる女の人は、おらんかね。」と、かばってやったにも関わらずいきなり振ってきた。

寅「おれかい、へへへ、 マドロスさんは港々に愛人がおりって言うけどよ、こちとらは船にや乗らねえ陸(おか)の人間よ。お門違いで、ございますと来たもんだ。」と、洒落ぽく軽くかわす。
 「陸といえば、陸惚れってのがあるけんど・・・」と、こちらは皮肉まじりで切り返したが、寅さんはその皮肉が通じたかどうか、

寅「なんせ風来防だからよ、自分の食うオマンマでせい一杯よ。」と付け加える。
 「女は巣作りのためというか、一ヶ所に落ち着く生き方がやっぱりえいみたいぞね。」と、今度はしんみり型で切り込んできた。

 漂泊・ふうてんの魂を持ち、なかなか一ヶ所に落ち着けない寅さんの性分を見事に見抜いている上での口振りに寅さんはややたじたじ。さすがは永年の接客業で磨いた老女将の眼力は鋭い。

寅「こちとらはよう、若いカモメやツバメじゃあるまいし、せっせと巣づくりするてえのは性にあわねえや。」と、軽くいなす。寅さんこの巣づくりの話で急に古巣を思い出し、

寅「おお、そうだ。東京の妹や、おいちゃんに電話しなきゃ。電話借りるぜ。」と、この場を外して立ち上がる。老いの陰り見せ、旅のつばくろは燕尾服でなく、ステテコ姿で電話口に向かった。
f0126949_2023257.jpg


****************************
[広告]

◆ブログ・ワールド   <4月16日ー22日>

■四万十川通信(日刊)  

 ◇四万十川百人一首

■四万十川百人一首(週刊・火、金曜日配信)

 ◇伊藤友喜(香川県)
 ◇川島二三子(四万十市)

■四万十川の文化人・小谷貞広(週刊・木曜日配信)

 ◇休刊

■四万十通信(ほぼ週刊・不定期)

 ◇休刊

■バーチャル[こうち自然村](ほぼ週刊・不定期)

 ◇休刊

■土佐の森・救援隊(ほぼ週刊・不定期)

 ◇メルマガ:土佐の森・救援隊 (189号) 
 ◇中川レポート(こうち森林救援隊活動報告) 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ポスター】  [第26作]
f0126949_2032612.jpg
 寅次郎  : 渥美 清
 櫻    : 倍賞千恵子
 マドンナ : 伊藤蘭
 ロケ地  : 北海道奥尻島

**********

 仲間の墓参りのため奥尻島に渡った寅次郎は、その娘すみれ(伊藤蘭)に出会う。

 「東京で働きながら勉強したい」と訴える彼女。寅次郎は「まかせておけ」とばかりに連れ帰る・・・

○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o

 新・四万十川新聞【日曜版】

  古新聞=『ブログフォーカス(四万十川通信)』

○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o
[PR]
by tora100s | 2007-04-22 20:03 | 新聞小説


新聞小説(寅次郎の「四万十川の大休日」)を連載します。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30